横浜瀬谷・旭・泉のちば歯科診療室 |インプラント、歯並びの相談も当院へ

インプラント治療

IMPLANT

噛める、見た目など失った歯の機能を取り戻したい

虫歯や事故などで歯を失うことはあります。歯を失ったまま放置すると、空いた歯と歯の隙間を埋めように隣の歯が寄せ合ってきたり、上の噛み合う歯が落ちてきたりします。そうなると噛み合わせが悪くなり、毎日の食事が楽しめなくなったり、虫歯になりやくすなるなど、いろいろな悩みが増えてきます。更に歯を亡くすと、顎の骨が痩せて顔の輪郭が変わり、外見にも大きな影響が出てしまいます。インプラント治療は歯を失ってしまったときの治療法の中でも、これまでの健康な状態に最も近い機能を取り戻すことができる治療法です。しっかりと噛める、綺麗な見た目も取り戻せることがインプラント治療の特徴です。

インプラント

抜歯即時インプラント

  • 仕事が忙しいから早く治療を終えたい
抜歯即時インプラント

All on 4

  • 多くの歯を失ったが、元々の歯の機能を取り戻したい
  • 総入れ歯の違和感を解消したい

ボーングラフト、サイナスリフト、ソケットリフト

  • インプラント治療を断られた方
  • インプラントを諦めていた方
ボーングラフト、サイナスリフト、ソケットリフト

こんな方にオススメ

歯を失う原因で最も多いのは歯周病です。次に虫歯になります。治療しても良くならず、残念ながら抜歯することもあります。また自転車で転んだなど、思わぬ事故で歯を失うこともあります。このような理由で歯を失った方にはインプラント治療がオススメです。

歯を失った方

虫歯で歯を失った方
事故で歯を失った方
生まれつき歯が足りない方

機能を取り戻したい方

固いものも噛めるようになりたい
悪くなった滑舌を良くしたい

歯を残したい方

これ以上歯を失いたくない方

手間をかけたくない方

毎日の洗浄が面倒

インプラントのメリット・デメリット

ここでは、ブリッジや入れ歯と比較した時の「インプラントのメリット・デメリット」をわかりやすく紹介します。

入れ歯
ブリッジ
インプラント
他の歯を削る 若干削る 削る 削らない
他の歯への影響
噛む力
違和感 ほぼ無
見た目 × ×
発音への影響 若干 ほぼ無
治療期間 短い 短い 長い
手術
保険適用 ×

インプラントのさまざまな治療方法

歯を失った方の主流だった治療法​は​​入れ歯​(部分含む)​で​した。そのような中、新たな治療方法として注目されたのがインプラントです。自然歯に近しい噛みごたえ​感​があ​り、見た目も美しく、今ではお年寄りの方に大変人気です。

オールオンフォー(All on 4) インプラントオーバーデンチャー フラップレス 抜歯即時インプラント

オールオンフォー(All on 4)は上顎又は下顎の全ての歯を最小4本のインプラントで埋入する術式、オールオンシックス(All on 6)は上顎又は下顎の全ての歯を最小6本のインプラントで埋入する術式です。既に連結された歯をインプラントで装着する為、歯が動いたり、外れたりすることがなく、違和感なくご自身の歯と同じような感覚で噛むことができます。また見た目も美しく、自然な仕上がりになります。違和感やズレもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。

上顎又は下顎の全ての歯を最小2本のインプラントで埋入する術式です。最低2本からの治療のため、費用を大幅に抑えることができます。また自然歯に近しい噛みごたえ​感​もあり、​ワンタッチで着脱できます。また見た目も美しく、扱いやすいです。

フラップレスとは「メスで歯肉を切らない手術」のこと。歯肉を切って剥離して観音開きの工程を省略するので、​​2本ほどの埋入の場合、10分ほどで終わります。工程が少ないので体への負担も少なく、また治療期間も短くて済みます。

抜歯即時インプラントなら抜歯と同時に当日インプラントを埋入する為、約3ヵ月で終えることができます。通院の回数も減らすことができるので、お仕事などでお忙しく、通院時間がなかなか取れない方でもインプラント治療を受けていただけます。

骨の足りない方もご安心ください。

インプラントの治療方法は骨の量が足りている方と骨の量の足りていない方で治療方法が大きく変わります。インプラントを埋入するために骨の量が足りない方の治療方法として、骨の高さを作る目的、骨を幅を増やす目的で術式が異なります。また誰の骨を使うかによっても、治療期間によっても術式が異なります。

GBR法 ソケットリフト サイナスリフト ボーンクラフト(骨移植)

歯を失ってから時間が経過している方は、歯を支える土台の骨が減っております。骨誘導再生法(ガイデット・ボーン・リジェネレーション)とは、骨幅や高さが足りない場合に骨の再生を促す特殊な膜(メンブレン)を使用して骨量を増やす方法です。

インプラントを埋め入れる穴から人工骨や自家骨を填入する方法で、部分的に骨造成を行う場合に用いられます。骨の量が足りない中でも5mm以上ある場合に利用する骨造成(上顎骨再生)手術の術式の一つです。インプラント体を埋め込む箇所から入れ、少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていき、インプラントを埋入するために必要な骨の厚さを確保します。

上顎洞側から人工骨や自家骨を填入する方法で、骨造成が広範囲に渡る場合に用いられます。骨の量が5mm未満の場合の骨造成(上顎骨再生)手術の術式の一つです。上顎洞の横の歯ぐきをめくって上顎洞を露出させ、上顎洞を直接上に持ち上げ、持ち上げたスペースに人工の骨補填材を入れます。

骨が吸収されて薄くなっている部分に骨のブロックを移植し、細かく砕いた患者様自身の骨または骨補填材を詰めて、骨の再生を促す治療法です。

ちば歯科治療室の選ばれる3つのポイント

POINT 01
治療する様子

他の歯科医院で断られた難症例にも対応

当院では歯科用CT、シミュレーションソフト、ガイデッドサージェリーシステムを利用することで質の高いインプラント治療をお届けしております。骨の少ない難症例にも対応が可能な為、他歯科医院で断れたインプラント治療も承っております。またインプラント治療後のメンテナンスも承っております。

POINT 02
説明する様子

人為的リスクを排除する安心安全な治療方法

当院では、歯科用CT、シミュレーションソフト、ガイデッドサージェリーシステムを活用し、人為的リスクを可能な限り排除したインプラント治療を施しております。歯科用CTを使って歯や歯茎、周囲の歯や歯茎、周囲の歯を含む血管や神経の位置、そして顎の骨の厚さや状態までをお調べし、インプラントを埋込む位置や深さ、方向などを予めシミュレーションソフトを使用し、事前に治療に関するリスクを可能な限り排除し、ガイデッドサージェリーシステムで安全性の高いインプラント治療をお届けしております。

POINT 03
接客する様子

経験×データに裏付けされた確かな技術力

インプラント治療では、従来のレントゲンでは顎の骨や神経の位置などは見ることができずリスクがあります。当院では口の中の歯や歯茎、顎の骨、神経の位置まで3次元で写しとることのできる歯科用CTを導入。また肉眼の20倍まで拡大して診ることができる、歯科手術に特化した顕微鏡のマイクロスコープを導入し、肉眼では捉えづらかった歯の根管も見えるようになり、より精密な施術を行える施設、設備があります。

インプラント診療メニュー

インプラント治療は歯を失ってしまったときの治療法の中でも、これまでの健康な状態に最も近い機能を取り戻すことができる治療法です。しっかりと噛める、綺麗な見た目も取り戻せることがインプラント治療の特徴です。仕事や家事が忙しいから早く治療を終えたい、出来る限り治療費を抑えたい方向けの「抜歯即時インプラント」、多くの歯を失ったけど元々の歯の機能を取り戻したい、総入れ歯の違和感を解消したい方むけの「All on 4、All on 6」、インプラント治療を断られた、インプラントを諦めていた方向けの「ボーングラフト、サイナスリフト、ソケットリフト」まで、多種多様なご要望や症例にも対応しております。

無料相談

当院では、歯にまつわるお悩みにつきましていつでも無料にてご相談を承っております。
今の歯や神経、骨の健康状態を確認し、適した治療方法、治療計画、治療期間、治療タイミング、費用をご説明いたします。
お問合せの際には「無料相談」の旨をスタッフへお申し付けくださいませ。

お電話でのご相談はコチラ

平日10:00-19:30 / 土10:00-17:00
日祝休

TOP