横浜瀬谷・旭・泉のちば歯科診療室 |インプラント、歯並びの相談も当院へ

お悩み&症状別

trouble

虫歯治療だけではなく、お口のお悩みに総合的に解決できる総合歯科医院のちば歯科診療室では、虫歯治療、インプラント、矯正、審美それぞれに専門分野に特化したスタッフが多数在籍しております。普段寄せられる患者様のお悩みに対し、それぞれの専門分野に特化したスタッフがお悩みにお答えしております。歯が痛くて噛めない、被せ物が取れてしまった、入れ歯がすぐ抜けてしまう、不測の出来事で歯が欠けてしまった、最近口臭が気になる、親知らずを抜いた方が良いかなど、これまでの患者様へのお悩みに対してお答えした内容を公開しております。誰に相談したらいいのかわからなくご不安になっていらっしゃる方、どうしたら解決できるのか探していらっしゃる方は是非ご参考にくださいませ。

2023年11月22日

インプラントやらなきゃよかったと言われる理由

インプラント

インプラントはやらない方が良いのか?

インプラントに対して良い声も悪い声もたくさんあります。インプラントは虫歯治療とは違い外科手術が必要で、また自由診療(保険外診療)のため治療費も高額になるため、多くの方が不安に感じ、インターネット上でインプラントに関する情報を探されていらっしゃいます。そのような中、最近「インプラントやらなきゃよかった」というお声を多くお見受けします。もちろんこのようなお声は多数ございます。ですが、インプラントの全てが悪いわけではございません。インプラントにも良い点はたくさんあります。ではなぜインプラントをやらない方が良いという声も多くあるのか。今回はインプラントをやらない方が良いと言われている情報の背景からその根拠などを探ってまいります。

【目次】
・インプラントをやらなきゃよかったという理由
・インプラントで後悔しない方法
・まとめ

インプラントをやらなきゃよかった理由

インプラントをやらなきゃよかったという理由はインターネット上にたくさんあります。ただこのような情報はたくさんあるものの、全てが正しい情報というわけではございません。インターネット上にあるインプラントやらなきゃよかったとう情報に目を通しているといくつかの共通点が見受けられ、おおよそ4点に整理することができます。1点目は患者さまのお身体の状態を見誤ってインプラントをし、何かしらトラブルが起きてしまった場合になります。2点目はインプラントをやってみたが、思うように噛めない、見た目が悪いなど期待した以上の結果を得られなく、後悔した場合になります。最後の3点目は、外科手術中や手術後の合併症を伴った際の痛みや不快感に関する場合になります。

インプラントをやらなきゃよかった理由①:身体

インプラントは虫歯治療とは違い外科手術を伴います。よってそもそもインプラントの出来る方と出来ない方、言い換えると適した方と適さない方に分かれます。これは現代のインプラントを取り巻く環境(材質、設備、技術など)では限界があり、現時点ではどうにもなりません。ただ今後このようなことも少しずつ改善される可能性もあります。ですが、それはまだ先のお話になりますのでこちらでは省略いたします。インプラントをやらなきゃよかったと言われている理由の1点目は、この適しているのか、適していないのか、この判断を何かしらの理由で見誤ってしまい、インプラントをされた後に何かしらのトラブルが発生し、インプラントをやらなきゃよかったと言われている方になります。先程も申し上げましたが、インプラントは外科手術を伴うため、外科手術に耐えることのできる身体の強さ、成熟度が必要になります。また一定の状態を必要とします。インプラントには顎の骨の高さ、幅、密度などの条件をクリアしていなければなりません。例えば子供など若年層の場合、顎の骨がまだ成長段階のため、高さ、幅、密度ともにインプラントの外科手術に耐えることのできる状態ではございません。よって若年層はそもそもインプラントには適しておりません。その他にも心臓に疾患のある場合、外科手術を伴うインプラントではお身体への負担が大きすぎるためインプラントには適しておりません。その他、おタバコを吸われる方、良くお酒を飲まれる方もインプラントには適しておりません。このようにそもそもインプラントに適してない方が何かしらの理由でインプラントを実施し、何かしらのトラブルになってしまい、インプラントやらなきゃよかったと言われているのだろうと思われます。

インプラントをやらなきゃよかった理由②:期待値

インプラントは保険外治療の為、治療費が高額になります。他に例えると、軽自動車なら新車を買えてしまう場合もあります。このように高額な費用がかかる場合もあるため、多くの方が天然歯と変わらぬ機能と見た目を取り戻せる、もしくは天然歯以上の機能と見た目を手にいれることができると大きな期待をされます。この大きな期待に対し、実際は噛みづらかったり、見た目が良くなかったり、メンテナンスが必要だったりと期待した結果が得られなく、後悔されたことでインプラントやらなきゃよかったと言われているのだろうと思われます。

インプラントをやらなきゃよかった理由③:痛み

インプラントは外科手術を伴います。歯茎を切開したり、顎の骨に穴を開けたりするので、痛みや音、振動などこれまで味わったことのない不快さを感じられる方も多くいらっしゃいます。麻酔をかけてはいますが、全く感じないわけではございません。また手術後に不快感や痛みが数日残ることもございます。このような手術中や回復期間中に感じる不快さや痛みに対し、ここまでの不快さや痛みを伴うならインプラントやらなきゃよかったと後悔されて言われているのだろうと思われます。

インターネット上にあるインプラントやらなきゃよった理由は以上のように大きく3点がありました。これらの3点の理由を見ていると、インプラント実施後の成果がインプラント実施前の期待値を大きく下回ってしまっている点が挙げられます。ではなぜこのような期待値と成果にギャップが生まれるのでしょうか。このギャップが生まれなければインプラントやらなきゃよかったと言わなかった、もしくは言われる方が減ったのではないかと思われます。このギャップを未然に防ぐには、かかりつけの歯科医院へ相談する、インプラントをされた方に話を聞いてみる、インターネット上で情報を集めるなどの方法があります。ここでは差分が生まれないようにし、後悔を未然に防ぐ方法をお伝えします。

インプラントで後悔しない方法

インプラントで後悔しないためにはかかりつけ歯科医院へ相談する、インプラントをされた方に話を聞いてみるなどいくつかの方法があります。ここでは後悔を未然に防ぐいくつかのポイントをお伝えいたします。

  1. インプラントの実績数、所持資格、インプラントが可能な設備が整っているかをチェックする
  2. 自身の口や骨、健康状態、生活スタイルの状況をふまえ、手術プロセスやリスクについて歯科医師に質問し、自身に適しているかチェックする
  3. 手術後のトラブルに対し保証やメンテナンスがしっかりしているかチェックする
  4. インプラント後のイメージがしっかりできる説明や提案があるかチェックする

インプラントは身体も心も費用面でもリスクを伴います。かかりつけの歯科医院への相談だけではなく、他の歯科医院=セカンドオピニオンの検討もオススメいたします。とても大切な決定をされる前に、別の歯科医院の意見を聞くことは徳になっても損をすることはありません。

まとめ

今回はインプラントやらなきゃよかったという情報を深掘りしました。インプラントは決してリスクばかりではありません。ただ外科手術も伴う為、いろいろなリスクが伴います。また費用も高額な為、期待値もふくらみます。くれぐれもインターネット上の情報だけを鵜呑みにされず、上記のポイントをふまえながらかかりつけの歯科医院や他の歯科医院でインプラント手術前にインプラントのリスクとご自身の期待値を明確され、ご納得の上ご決断くださいませ。もしお悩みになった場合、当院へご連絡ください。インプラント担当医がご納得いただけるまでご説明いたします。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人

院長 千葉 倫也

お口のお悩みを総合的に解決できる総合歯科医院
ちば歯科診療室

新潟大学 歯学部卒
新潟大学 医歯学総合病院 研修課程修了
首都圏医療法人にて分院長を歴任
2013年、ちば歯科診療室を開院

日本口腔インプラント学会、国際インプラント学会(ICOI)、日本顕微鏡学会 所属

米国式根管治療マイクロスコープハンズオンコース、USC(南カリフォルニア大学)JAPAN PROGRAM、NYU(ニューヨーク大学)マイクロエンドコース 修了

国内でも数少ないインプラント、審美、矯正治療専門の歯科医院の現場にて、数多の難症例(増骨技術のサイナスリフト、ボーンクラフト等)を9年も担当。特にマイクロスコープを用いた精密歯科治療を得意

お悩みの皆様へ

ちば歯科診療室では出っ歯を治せないか、でこぼこした歯並びを治せないか、コーヒーなどが理由で歯が黄色くなったから白くできないか、ステーキなどを食べると歯と歯の間によくお肉が挟まる、朝から口の臭いがきつい感じがするなどの皆様の疑問やお悩みにお答えしております。いただいた疑問やお悩みにはこちらのブログにて解決方法をお伝えいたします。こんなときどうしたら良いのかなど、お気軽にお問合せくださいませ。皆様の疑問やお悩みをスタッフ一同お待ちしております。

Q

ご質問

20歳になります。ここ2ケ月で急に歯並びが悪くなりました。急激に歯並びが悪くなることはあるのでしょうか?

A

スタッフより

歯に何らかの力が加わると歯並びは変化します。考えられることとして以下の3点があります。
1.歯周病の進行
2.虫歯などが原因で咬合せが悪くなり、歯に大きな力が加わるようになった
3.親知らずが他の歯へ影響を与えている
この場で原因を特定することは出来ませんが、一度ご来院いただければ、原因の特定と適切な治療をご提案いたします。
ご来院を心よりお待ちしております。

お電話でのご相談はコチラ

平日10:00-19:30 / 土10:00-17:00
日祝休

  • お問合せの際には「お悩み相談」の旨をお伝えください。
  • 疑問やお悩みをいただいた後、2~3日後に担当よりご連絡させていただきます。
  • ご連絡の際にご返答日時をお伝えさせていただきます。
  • いただいた疑問やお悩みはブログへ掲載させていただきますので、予めご了承くださいませ。
  • いただいた疑問やお悩みはブログへ掲載させていただきますが、お客様のお名前やご住所、ご連絡先は一切掲載いたしません。ご安心くださいませ。

無料相談

当院では、歯にまつわるお悩みにつきましていつでも無料にてご相談を承っております。
今の歯や神経、骨の健康状態を確認し、適した治療方法、治療計画、治療期間、治療タイミング、費用をご説明いたします。
お問合せの際には「無料相談」の旨をスタッフへお申し付けくださいませ。

お電話でのご相談はコチラ

平日10:00-19:30 / 土10:00-17:00
日祝休

TOP